クワカブkomachi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ショック・・・^^;

ティーッス!!^^

 いよいよ今日で3月も終わり、明日からまた新しい年度がスタートしますねぇ^^vkomachiは移動がなかったのですが、仕事のメンバー変更などで思っていたより忙しいです><;
 しかも・・・4月5日が仕事になっちゃいました。。。マジでショックでかいです

 連日忙しくなってしまったため最近の虫弄りはほんの僅かしか行えないし、ストレス溜まる一方ですねぇ><;まぁ、4月中旬くらいまではどんな仕事をしていても忙しいのは仕方ないのかもしれませんけどねぇ^^;

 さっ!愚痴ってないでクワカブいきましょう!^^

~ Cyphonistes vallatus septentrionalis (バラタスサスマタカブト) ~
   ケダ’s血統  累代 F2  産地 エチオピア産 
 親♂・・31.0mm  親♀・・26.0mm   2007/10/中旬孵化

バラタスバラタスニョロバラタス繭玉
 
 1月15日にケダさんとアポリーさんと一緒に蟲屋さん巡りをした時に譲って頂いたバラタスサスマタカブトのニョロ5頭です^^v
 5頭全てをQ-BOX40で飼育してきましたが、ケダさんのところでは兄弟達が繭玉を作り出したと言う話も聞き、我が家のも作成しだしているのではと気になっていたのですが今日我慢の限界が来て少し掘って見ちゃいました^^;(笑)
 ゆ~くり掘ったつもりだったのですが繭玉の一箇所を破壊してしまい、ニョロが頭を出してしまいましたよ^^;
 なんとか3頭は繭玉を作成し前蛹状態であるのを確認できたのですが、あと2頭はこれ以上の掘削は危険と判断し、確認しないままフタ閉めちゃいました^^;(笑)他のニョロの状態をみると恐らく前蛹か蛹にはなっているのでしょうね^^v
 あとどのくらいで羽化してくるのでしょう??羽化が楽しみです♪^^v

 最近カブネタメインでクワネタが無くなってきたなぁ~なんて思っていたのですが、タラレギのセットを組んでいるのを思い出しました^^v近々割り出してみなきゃ^^;

スポンサーサイト
別窓 | Cyphonistes vallatus septentrionalis (バラタスサスマタカブト) | コメント:16 | トラックバック:0
∧top | under∨

ついに・・・。^^;

ティーッス!!^^

 昨日無事に内示は発表されたため、今日は飲み会(お別れ会)と言うことになりました^^v
ですので今日は早めの更新です^^v蟲弄りも午前中行う予定でいたのですが娘の相手もしなくてはならないので今日も少しだけ^^;年度末は自分の移動が無くても職場のメンバー変更等で色々とゴタゴタしてしまうもので、なかなか思い通りには行かないですよねぇ^^;

 それでは蟲いきましょう!!^^

~ Golofa pizarro (ピサロタテズノカブトムシ)~
  DG’s血統 累代CB1 産地 メキシコ ベラクルス州サンタマルタ
 ♂体長 48.0mm 2008/01/中旬羽化 後食済み
 ♀体長 41.0mm 2008/01/中旬羽化 後食済み
・2008/02/23 セット開始
・2008/02/29 1回目採卵 (19卵Get!!1卵プチッ^^;)
・2008/03/09 2回目採卵 (33卵Get!!^^v) ここまでの合計52個
・2008/03/20 3回目採卵 (11卵Get!!^^v) ここまでの合計63個
・2008/03/29 ♀★(TT)
 
ピサロ♀★  あまり良い話題ではないのですが、ついにピサロの♀が★となってしまいました
 マット上にて★となっていたため恐らく20日に3回目のセットを組んだ直後に潜る力も無く★となってしまったのでしょうねぇ↓
 でも結局この♀は合計63個の卵を産んでくれましたよ^^v

 そんでもってここからがその子供たちのネタです^^v

~ Golofa pizarro (ピサロタテズノカブトムシ)~
  A血統 累代CB1 産地 メキシコ ベラクルス州サンタマルタ
 ♂親・体長 48.0mm  × ♀親・体長 41.0mm

ピサロニョロ管理ケースピサロ初令ニョロピサロ旧卵ピサロ新卵
 
 ★となった♀の子供達は最近になってどんどん孵化してきています^^sorapaさんのブログの記事に書いてありましたが、1日に3頭前後づつ孵化してきていますので恐らく♀は1日に3個前後づつ産卵していたものと考えられますね^^v
 これもsorapaさんの記事に書いてあったことと同じなのですが、孵化して頭が固まっても全然マットを食べていく気配が無いのです><;今回セットに使用したマットはハイパーマットなのですが、もしやマットが粗すぎるのではと思い、現在は孵化して数日置いた後にハイパーマットを混ぜ込んだMAXマットで管理してみることにしてみました^^
するとどうでしょう!無事に今まで潜らなかったニョロ達が全て潜っていきました^^v
 現在無事に孵化しそうな卵は15個程度で、無事に孵化したニョロは16頭になります^^
 3・4枚目の写真を見ていただけると解るのですが、3枚目の写真は孵化まであと少しといったカンジで、4枚目は孵化まであと1週間はかかるのではないかと思われる卵です^^32個無事に孵化してくれば孵化率50%なのですが、そう上手くはいかないんですよねぇ^^;
 
 このまま安定すれば最低飼育数を残し、プレ企画などに出す予定です^^
それにまだ「爆産種」のみつひろうさん印のM・ヨルゲンセンもスタンバイしてますしねぇ^^v(笑)


別窓 | Golofa pizarro (ピサロタテズノカブトムシ) | コメント:16 | トラックバック:0
∧top | under∨

ニヒヒッ^^

ティーッス!!^^

 今日は内示が出る予定だったのにあいにくのお休み^^;先程までどうなったのかが解らずヒヤヒヤしておりましたが、なんとか移動無しと言う連絡を貰い一安心です^^♪
 そんあんこんなでハラハラドキドキして手に付かず少ししか弄っておりません^^;それでは早速今日のクワカブ行ってみましょう!!♪^^

~ Megasoma thersites (テルシテスヒメゾウカブトムシ) ~
   chiko's血統3令Pr  累代 F1  産地  メキシコ・バハカリフォルニア産  2007/01/孵化? 
・2008/01/13 到着 3令Pr ビン1500
・2008/01/20 マット交換 (♂15g・♀14g)
・2008/03/28 マット交換 (♂15g・♀12g)

テルシPrニョロテルシ♂テルシ♀
 東京オフの際にちこさんから譲って頂いたテルシテスのニョロですが、孵化は昨年の1月とのこと^^;もう1年以上ニョロやっちゃってます^^;不安になったので今まで色々な方にお話を聞いたところ2年で羽化する固体もあり、繁殖能力などにも問題はないと言うことで一安心^^v
 でも。。。早く羽化してほしいよぉ^^;
体重は♂は前回同様に15g、♀はちょこっとダイエットして12gでした^^vもう黄色がかってきてるのにこの姿のままずっと蛹化せずにおります^^;

 次は生体からは少し離れたお話です^^

 皆さんはニョロや産卵セットの管理をどのようにされているのでしょうkomachiは今までPCで管理していましたが、蟲部屋にPCがある訳ではないので一度メモしたものをPCに再度打ち込む形をとっておりました
 そこで今年は昨年よりも「解り易い!簡単!詳細!」な管理シートを作ろうと思っていたので、その「試作品」みたいなものを作ってみました^^
管理シート(1)管理シート(2)管理シート(3)管理シート(4)
 
 単純にまずは成虫管理用幼虫管理用の二種類の記入用紙を作成してみました^^写真1枚目でわかるとおり、A4用紙で3枚とれる大きさです^^
 2枚目の写真が成虫管理用(産卵セット)ですね^^vこれでいつセットを組んで、何回目のセットなのかもすぐにわかります^^v
 3枚目の写真が幼虫管理用成虫管理用の用紙です^^既に「蛹化日」と記入したかったところに「孵化日」と書いてしまい「孵化日」を記入するところが2箇所存在するというミス発見^^;これは横線引いて「蛹化日」に変えました(笑)これを背中合わせにしてラミネート加工します^^
 そして4枚目の写真が完成品ですねv^^v裏表で孵化から★まで管理できるようになっています^^v

 これできちんと記入すれば個体の情報が直にわかりますね^^既にこのシートは使用開始しているのですが今のところ問題無し!^^
 この用紙の大きなメリットは他にもあり、我が家の個体を里子に出すことになっても蟲と共にこの管理シートを送れば里親さんが一目で個体の情報を把握できますからね^^v間違いも少なくてベストだなぁ~って個人的には考えてます(笑)

 でも。。。これ書くのが面倒臭いと少し感じてしまうkomachiって、もう救いようが無いかも。。。(爆)
 蟲達のためですから頑張ります!^^(笑)


別窓 | Megasoma thersites (テルシテスヒメゾウカブトムシ) | コメント:12 | トラックバック:0
∧top | under∨

風邪!?^^

ティーッス!!^^

 3月もだんだん終わりに近付き、移動(内示)の季節になってきましたねぇ^^vジョニーさんは昨日内示が出て移動は無かった様ですが、komachiのところは明日内示がでるので移動があるのかドキドキしております移動あったら4月いっぱい大忙しだぁ

 さて、今日はDGに行く予定だったのですが娘の体調不良によりあえなく撃沈現在娘の声がかなり「ハスキー」になってるのでちょっと心配です
 食欲が落ちたり、元気がなかったりはしないのでそこは有難いとことですけどね
 
 さて、そんなこんなで先程やっと落ち着いて少しだけ虫弄りすることができました^^v

~ Spodistes Mniszechi (ムニスゼッチコフキカブトムシ)~
  DAY’s血統B 累代F2 産地 メキシコ(Veracruz)
 ♂親39mm×♀親29mm  2008/02/06採卵
・2008/03/27 マット交換(3g・3g)

ムニスゼッチPrニョロムニスA1(1)ムニスA1(2)ムニスA2
 2月23日にDAYさん宅から飛んできたムニスなのですが、有る程度大きさも出て安定してきた頃だと思いマット交換を行いました^^v今までは200ccPカップで管理していたのですが、今回からはセパレーターを入れたHR-1で管理していきます^^v体重測定の結果は共に3gでした^^少し成長が遅く感じられましたが、基本的に無添加マットでの飼育ですので体重が増えるのがゆっくりなのかもしれませんね^^測定中に1頭はビヨォ~んと伸びてスケールの上を歩き出しましたよ(笑)雌雄判別もしてみたところ恐らくですがどちらも♂だと思われます^^;DAYさん!羽化したら泣き付きます(爆)

今回使用したマットは。。。
S&Fマット 
 皆さん解っていると思いますがSマットです^^(笑)我が家ではムニスの他にもオーベルチュールシカなんかにもSマットを使用しているのですが、どちらもやはりSマットだけでは栄養不足になってしまうのでSマット6に対し、Fマット4くらいでブレンドして使用しています^^どちらも貴重種のためVIP待遇です^^

 最近暖かくなってきたためコバエの発生率がグンと増えましたよねぇ><;妻が毎日「またいた!ホントにコバエは勘弁してほしい!」って言ってます^^;コバエを発見する度に我が家の用心棒(愛ネコのkomachiちゃん)は目を輝かせて追い掛け回し、喜んでくれてるみたいなんですけどね^^;
 流石に家族を怒らせてしまって蟲部屋で「バルサン」を焚かれては堪りませんので、前回まささんとお会いした再にDGでこんなものを購入してきました^^
コバエ採りシート(1)コバエ採りシート(2)
 今まで色々なコバエを退治・捕獲する道具を使用してみましたが、やっぱりこれが一番だったり^^;効果は一目瞭然なのでハッキリわかりますねぇ^^vでも、あまり採れ過ぎると見たくなくなりますね^^;ゾクゾクっとしますよ
 ただくっ付けるだけなのですが、コイツのお陰でコバエが少しは減りました!^^v。。。多分ね(笑)

別窓 | Spodistes Mniszechi (ムニスゼッチコフキカブトムシ) | コメント:14 | トラックバック:0
∧top | under∨

最後の増種!・・・かな?(笑)^^

ティーッス!!^^

 現在関東地方(っと言うか私の家の付近)は雷&豪雨となっています我が家はボロイので屋根が崩れて落ちてこないか心配です(笑)
 だって凄い雨音なんですもん

。。。でもまぁ記事書いてるウチに止むでしょ(爆)

 さてさて今日は荷物が午前中に到着したためその中身をご報告です^^v

 昨日の夕方頃にみつ師匠から「本日発送したので明日の午前中に到着予定です!」と言う内容のメールが携帯に送られてきました^^中身は以前からみつひろうさんにお願いしていた生体だったので、もうウキウキで到着を待ってましたよぉ♪
そして予定通りに午前中荷物が到着^^♪

待ちに待った荷物♪(1)待ちに待った荷物♪(2)待ちに待った荷物♪(3)待ちに待った生体♪
 
 流石みつひろうさん!丁寧に包装して下さっています^^v♪中には保冷ケースに入った3つのプリンカップが入っておりました(正確には右のプリンカップの中に、もう一つ入っているので合計4つですね^^;)
 この中に待ちに待った生体がいると思うとドキドキしちゃいますねぇ~

 そして念願のご対面~!!

~ Megasoma joergenseni joergenseni (メガソマ・ヨルゲンセン)~
   A血統  累代 共にWF1(♂♀別系)  産地 アルゼンチン・チャコ産 
 ♂・・体長46.0mm(2008/03上旬羽化)  ♀・・体長45.0mm(2008/03/中旬羽化) 
・2008/03/26 到着(未後食)

ヨルゲンセンPrヨルゲンセン♂(1)ヨルゲンセン♂(2)ヨルゲンセン♀
 ヨルゲンセンの新成虫Prです♪ホントに可愛いですねぇ^^
 最近完全にkomachiは「小さいクワカブ」に嵌ってしまいまして、この生体はそんな中以前オフ会でみつひろうさんとお約束していた生体なのです^^v最近はヴォクティやペーニャなどが手が届くところまできていますが、やっぱり最初はテルシテスとヨルゲンセンをやってみないとね!^^v(笑)
 まだ後食を開始していないPrですので、後食が開始してからのブリとなります^^v

 そして次にご紹介する生体も待ちに待っていた生体ですよぉ♪

~ Allotopus moellenkampi moseri (モセリオウゴンオニクワガタ)~
   A血統  累代 共にCB(♂♀別系)  産地 マレーシア・キャメロンハイランド産
 ♂・・体長52.0mm(2008/02/中旬羽化)  ♀・・体長43.0mm(2008/01/羽化)
・2008/03/25 到着^^v(♀の後食開始)

モセリオウゴンオニPrモセリオウゴンオニ♂モセリオウゴンオニ♀
 ローゼンベルグも無事に産卵リベンジが成功したこともあり今年はモセリやババに挑戦してみたいと思っていたのですが、モセリはいいとしてババはなんとなく不安が残るじゃないですかぁ^^;そのため確実な入手経路は無いものかとみつひろうさんにご相談したところ巡り合うことができた固体です^^v当初はみつひろうさんのところで余っていたと言う♀単(譲って頂いた♀です^^v)のみ譲って頂く予定だったのですが、そこはお優しいみつひろう師匠!お知り合い伝いに♂単を見付けて下さいました

みつひろうさん、この度は何から何まで本当にありがとうございました

 モセリ♀は低温で管理されていたので温度を上げれば後食を開始するかもしれないと到着後のメールでお聞きしていたのですが、まさにその通り、我が家に来てからゼリーに食らいついております(笑)
 因みに「本気モード」で登場するゼリーと言えば・・・。
ラジェゼリーラジェゼリー(カット)
 勿論ドルクスグッズ特製のラジェゼリーですよねぇ♪^^このゼリーは他のゼリーと違い、ゼリースプレッダーで真っ二つに切ってもゼリーがグチョっとなったりしません!^^v2枚目の写真でもお解かりの通り、逆さにしてもズレたり落ちたりしないのです^^vマットも汚れず喰いも良い!
まさに理想のゼリー!!・・・っと言い切れないトコロが、お値段がチッとお高目なところ(☆_☆)(爆)
 っと、少し大げさに紹介してみましたが本当に良いゼリーですから産卵セットを組む生体用にでも一度お試しアレ^^v

 最後に。。。
 ※ 当方ドルクスグッズさんの社員・アルバイトではございませんのでご注意を!(爆)

 あっ、雨止んでる(笑)

別窓 | Megasoma joergenseni joergenseni (メガソマ・ヨルゲンセン) | コメント:24 | トラックバック:0
∧top | under∨

ようやく^^;

ティーッス!!^^

 今日は家族でお出掛けしていたため蟲弄りはしていません^^;でも更新しちゃうのは帰宅後に確認した卵で孵化していたものがいたからです^^vそれでは早速行ってみましょう!!^^v

~ Golofa pizarro (ピサロタテズノカブトムシ)~
  A血統 累代CB1 産地 メキシコ ベラクルス州サンタマルタ
 ♂親・体長 48.0mm  × ♀親・体長 41.0mm

ピサロA
 ようやく採卵したピサロの卵が1頭孵化しました^^v健康そうでニョロも透けてはいるのですが、一向に孵化してこないため少し心配していたのですが、無事に孵化してくれましたよォ^^v残りの健康そうな卵はあと29卵^^;先は長いようですが、全て無事に孵化してくれればいいのですがねぇ^^;


 続きましてこちらはほとんど諦めていたのですが、無事に孵化してくれたニョロです^^v
~ Mesotopus regius (レギウスオオツヤクワガタ)~
   REA血統-1 累代CB2 産地 カメルーン 
 ♂親・体長 70.0mm(RE♂-1) × ♀親・体長 46.0mm(A♀-1)

REAニョロ レギA♀が産んだ卵なのですが本日確認すると孵化していました^^この♀はRE♂と交配させていたので無事に孵化してくるとは思っていなかったので少しビックリ^^;でも初回採卵しtらものは孵化してから即死亡ってパターンだったのでここからが油断禁物なのかもしれませんね!><;何れにせよ第一段階突破ですので大事に飼育して行きます^^vでも他の2個の卵は微妙な色ですから希望薄ですねぇ^^; 

 ってなカンジで今日は終了です^^;(笑)明日の午前中に荷物が到着する予定ですので、明日は少しにぎやかな記事を書けると思いますのでお楽しみに♪(笑)

別窓 | Golofa pizarro (ピサロタテズノカブトムシ) | コメント:10 | トラックバック:0
∧top | under∨

勝負!!^^

ティーッス!!^^

 今日は菌糸を買いにドルクスグッズに行ってきました^^先日まさ29さんから譲って頂いたハスタートノコギリに使用する菌糸です!^^v
ラジェゼリー&LA1000 
 グッズ製のラジェゼリーも評判が良く、今まで私は使用したことがなかったので1袋ですが購入してきました^^これは私の「本気モード」の時しか出てこないかもしれません(笑)因みに店長の話によると、どなたかは解りませんが、お金持ちの方が金曜辺りにラジェゼリーをケース買いして行かれたそうです(笑)

~ Prosopocoilus hasterti moinieri (ハスタートノコギリクワガタ)~
   まさ’s血統  累代 F2  産地 マライタ産 2008/01/上旬孵化
 ♂親・・体長65.0mm×♀親・・体長??mm
・2008/03/20 我が家の仲間入り^^v
・2008/03/23 LA1000ccボトル投入

ハスノコニョロ付箋無しハスノコ付箋有りハスノコ
 我が家に来た時に2カップに付箋が付いておりましたが、まささん曰く、どちらかが♂で、どちらかが♀だそうです(笑)
 ってことで判別してみました^^v真ん中の写真が付箋が無いニョロで、右の写真が付箋があるニョロです^^まささん。。。まったくと言って良い程に解りません(爆)

 頭の大きさなどや卵巣らしき影からすると付箋が有る方が♀で、無い方が♂と判断しました^^v

CIMG2243.jpg

 もちろん体重測定も実施!!。。そしてもちろん0g(爆)
 


 しかも全てをLA1000ccに投入したので雌雄判別もブッチャケ必要ありませんでしたね(爆)でもこの後の「意気込み方」が違うと思いません?^^;(笑)このまま暫く放置ですね^^v

 そうそう!このコ達の兄弟がリンクさせていただいているmanta0さんアポリーさん!!

絶対負けませんよォ!!><v(爆)
 アポリーさん!某会社の3000ccなどを使うのは反則と見なしますので正々堂々と1000cc~1400ccでの勝負でお願いします(笑)

 おっとっと!ここで大事なこともしておきました^^v
~ Mesotopus regius (レギウスオオツヤクワガタ)~
  ジョニー’s血統AⅡ 累代F3 産地 カメルーン
 ♂親77mm×♀親46mm

ジョニーsAⅡジョニー’sAⅡ&LAV
 なんだかんだで3個の卵を回収できたジョニー’s血統Aの子供たちなのですが、無事に孵化したのはこのコ1頭のみに^^;ジョニーさんごめんなさい(TT)このこは大事にLAVのPカップ200ccに本日投入しておきました^^v♪

 それと我が家のヒーローの「ティビアリス」情報なのですが、今日DGで店長にヒントを頂いてきました^^vどうやらやはり基本的にはマットに産卵する様ですが、材の表面にも産卵する事があり、ニョロはマットに出てくるのではなく、材にそのまま潜っていくニョロもいるらしいのです^^この話を聞くとネブト系よりもシカ系に近い産卵方法が適しているように感じますね^^v万が一、今回のセットが失敗に終わった時は次にマットを若干固めてみようと思います^^v


別窓 | Prosopocoilus hasterti moinieri (ハスタートノコギリクワガタ・モエニエリ) | コメント:10 | トラックバック:0
∧top | under∨

運命の出会い^^v

ティーッス!!^^

 今日は昨日運命的な出会いを果たしたクワの紹介です^^vコイツら可愛い過ぎるんですよコレがまた(笑)

 最初の出会いと言うのが実は先週の事でした^^かの有名な「えびなのばいと」さんと話をしていた再にこのコ達を発見し一目惚れ その時は店長も留守でしたし、まだ正式な値段が付いていなかったんですよねぇ^^;その時は後ろ髪を引かれる様な気持ちで帰宅したのですが帰宅しても忘れられないでいました^^;
 そして昨日!まささんからハスタートを受け取るべく再度DGに行ってみると店長が「○○○○欲しいんですって??」みたいなカンジでお話をフッていただけたのです^^v値段も聞いて、もう気持ちは抑えられませんでしたよ^^v(笑)

 最初は引っ張りましたがここでそのコ達を紹介いたします^^vあっ、念の為に言っておきますが決してこのコ達は「ババオウゴンオニ」や「ボーリンフタマタ」などの有名・高額種って訳ではないのでその点はご注意を(笑)
それではどうぞ^^


~ Leptinopterus tibialis (ティビアリスホソクワガタ)~
   A血統  累代 F1  産地 アルゼンチン・ミシオネス産 2007/12/羽化
 ♂親・・体長27.0mm×♀親・・体長17.0mm
・2008/03/20 我が家の仲間入り^^v

ティビアリス♂(1) 珍種(?)のティビアリスホソクワガタです^^vキクロではありませんので「ホソアカ」じゃないですよ^^v(笑)コイツ等メチャクチャ小さいのですが、♂はかなり元気良く威嚇してきます^^;その仕草がまたなんとも可愛いことこのコ達の飼育者がまったくと言って良い程にいないのでネットでも飼育情報が少ないのです^^;知っている身近な飼育者と言えば「えびなのばいと」さんくらい^^;でも「えびなのばいと」さんもウチのコの兄弟を飼育しいるのでまだブリは手探り状態とのことです^^;

 因みにどのくらい小さいかと言いますと。。。

ティビアリス♂(2)ティビアリス♀(1)
  
 このくらい小さいです(爆)まさに一瞬でも目を離したら見失いそうですね^^;管理は徹底しておかないと><;

 さて、この飼育種のセットなのですが、なんせ情報が少ないため手探り状態^^;なんとかDGで聞いてきた情報とえびなのばいとさんとの話を元に手探りでセットを組んでみました^^v解っているのは、
①繭玉を作る種である。
②DG浦和でブリした固体であり、その時はMAXマットとVN材を使用した。
③どうやらマットメインで産むらしい
④ブリードは23℃辺りで行ったらしい

 ってな事くらいですかね^^;(苦笑)
成熟期間すらわからないのですが、♂♀共にゼリーにかぶりついているのでセットを組んでその中で生活してもらうことにしました^^セット詳細はこんなカンジ^^
S&F&MAXVN材VN材(2)F&MAX
 おおまかにはDG浦和店さんと同様のブリセットです^^因みに「えびなのばいと」さんも同様のセット^^(笑)
 我が家ではホンの少しだけアレンジしてみました^^vみんな同じセットじゃ詳細がわからないですし、かと言ってまだ入手しづらいこともありセット内要を大きく変えるようなチャレンジはできない種類ですからね^^;今回我が家で使用した資材はコバシャ中・VN材(M)・Fマット・MAXマット・Sマット・ミズゴケ・ゼリーです^^v
①下5cm程度にマットを敷く(ほとんどただ入れるだけ)
 このマットにはほぼ1:1に混ぜ合わせたFマットとMAXマットに変化をもたらせる為、Sマットを混ぜ込みました^^1:1:0.5くらいですかね^^vこれは繭玉を作成すると言う点からどちらかと言えばネブトに近い種なのかもしれないと思い、水分量を多くして発酵の進んだマットにした方が良いのではと仮説を立てたからです^^赤枯れなどがいいのかもしれませんが、MAXマットで成功している実績もありますので^^;因みにSマットであれば万が一幼虫が落ちやすい種であっても比較的初令も食いやすいですからね^^v
②材はVN材の中でも柔らかめのものを投入(切り口がケバってるもの)
 どうやらマット産みがメインの蟲のようなのですが、産卵効果促進くらいにはなるかと投入してみまいた^^;♀はなんと言っても体長17.0mmですので硬い材を削るのは一苦労でしょうから柔らかいVN材の中でもより柔らかいものをチョイス^^vこれはえびなのばいとさんが選んだ材です(爆)
③マットの上に加水したVN材を転がす
 加水時間は約1分くらいで、表面の水を切り、表皮を剥いでから投入しました^^v
④その上から再度マットを被せる
 これはMAXマットとFマットをブレンドしたものです^^加水して材が隠れるくらいまで入れました^^

ティアビリスセットティビアリスPr(1)ティビアリスセット完成ティビアリスPr(2)
 ほぼ完成したセットを横から見てみますと、若干ではありますが、下5cmの部分と被せた部分のマットの色が違うことがわかりますかね^^これは失敗続きのサビイロカブトからもヒントを得たのですが、♀がある程度潜って来た際に、土の質が変化したと体感させる必要もあるのではないかと考えました^^vこれでこの周辺に産んでくれれば、この種の好きなマットの質がわかりますもんね^^だから下5cmにだけSマットを混ぜたと言うのはそれなりの実験なのです^^v(笑)
 あとは小型種のため転倒防止木と隙間にミズゴケをいれ、最後にゼリーとPrを投入すれば完成です^^v

 いやぁ~一つの種にこんなに長い記事を書いたのは初めてですよ(笑)でもこの種はどうしてもこれから先飼育していきたい種類なんで、他の種よりも一層思い入れが強くなってしまいそう^^;でもやっぱり愛情は皆平等に注いであげなきゃね!(爆)
別窓 | Leptinopterus tibialis (ティビアリスホソクワガタ) | コメント:24 | トラックバック:0
∧top | under∨

運命の出会い!?^^

ティーッス!!^^

 今日は雨も風も強い一日でしたねぇ^^;でもそんな天気にも負けずに今日もドルクスグッズに遊びに行ってきました!♪(笑)目的は先日まさ29さんの「かぞクワの森」で開催されたプレ企画で見事当選したハスタートノコを受け取ることなのです^^v♪
 
 まささん、遠いところから持って来て下さりありがとうございましたm(__)m

 午後から約束していたため1時頃にDGに着くと、駐車場に見慣れた黒い○ューブが(爆)

 ジョニーさん、密かに期待・予想しておりましたよ(爆)

 今日も楽しい時間を過ごさせていただきました♪^^v皆さんありがとうございました^^v
そしてまささんから譲り受けた新たなお仲間はこちら^^
~ Prosopocoilus hasterti moinieri (ハスタートノコギリクワガタ)~
   まさ’s血統  累代 F2  産地 マライタ産 2008/01/上旬孵化
 ♂親・・体長65.0mm×♀親・・体長??mm
・2008/03/20 我が家の仲間入り^^v

ハスタートノコ 
 コチラがハスタートノコです^^v孵化は1月上旬なのですが、まだまだ小さいですねぇ^^vやっぱ飼育は菌糸ですかね??それともマット??皆さんのご意見お待ちしておりまぁ~す^^v因みに今komachiが考えているのはオオヒラ菌糸です^^v


 そして今日はもう一つDGで運命的な出会いがあったのです。。。完全に私の一目惚れでしたね連れて帰ってきたのですが、そのお相手の紹介はまた明日^^v(笑)

 そして今日は帰宅後にまたまたピサロの採卵です^^
~ Golofa pizarro (ピサロタテズノカブトムシ)~
  DG’s血統 累代CB1 産地 メキシコ ベラクルス州サンタマルタ
 ♂体長 48.0mm 2008/01/中旬羽化 後食済み
 ♀体長 41.0mm 2008/01/中旬羽化 後食済み
・2008/02/23 セット開始
・2008/02/29 1回目採卵 (19卵Get!!1卵プチッ^^;)
・2008/03/09 2回目採卵 (33卵Get!!^^v) ここまでの合計52個
・2008/03/20 3回目採卵 (11卵Get!!^^v) ここまでの合計63個

ピサロ(1)ピサロ(2)ピサロ卵(1)ピサロ卵(2)
 結果から言いますと健康そうに膨れ上がった卵が10個、細長い卵が1個の合計11個の卵をGet!!^^vここにきてやはりペースが落ちてきましたねぇ^^;ってそりゃ~合計63個も産んでればペースダウンするでしょうね^^;(笑)でも容赦なく4回目に突入していただきました!(ノ><)ノ イッテコーイッ!
ピサロ♀ピサロ卵(3)ピサロ卵(4)
 因みに♀の体重は2gでした^^;もう限界が近いでしょうね^^;ってか越えてるかも(笑)最初の体重を量り忘れたので意味の無い計測でした(爆)
 今まで採卵した卵は200ccサイズのPカップに7個づつくらい入れて孵化待ちしていた状態だったのですが、前回までに採卵した分の卵で無事に孵化しそうな卵を90ccプリンに1頭づつ丁寧に分けてみました^^vすると無事に孵化してきそうな卵は丁度30個ですね^^vニョロが透けてきているものも多数ありますので今月中には孵化するでしょう^^v最初に採卵した卵はやはり1個を残してほとんどがダメになっていました^^;

 あとはジョニー’s血統レギのセットを菌糸ボトルから人口レイシに換え、再ペアリングさせていた黒卍血統がメイトガードしていたので、こちらにも人口レイシを突っ込んで今日の蟲弄りは終了でした^^
黒卍タラPr 
 前回の卵は全滅ですね^^;交尾失敗案が有力でしたので3日程同居してもらいました^^v先程確認すると、仲良くしてくれていたので今度はきっと大丈夫でしょう^^v ♂にはまたHR-1に引越ししてもらいお決まりのDG人口レイシを投入しておきました^^


 明日は一目惚れの相手とそのセットを組んだのでそちらをご紹介します♪^^v

別窓 | Golofa pizarro (ピサロタテズノカブトムシ) | コメント:15 | トラックバック:0
∧top | under∨

お引越し^^

ティーッス!!^^

 。。。花粉症酷いですねぇ~連日のくしゃみ・鼻水でなんだか首から上がモンモンしてます><;まさに風邪と同じ症状ですね
 花粉症はアレルギー症状ですので、季節が到来する前にお医者さんに診てもらうのがベスト
って解っていても、毎年行くのが遅いんですよねぇ^^;(笑)毎年後悔していてもやってしまう自分が情けないです(爆)
 
 さてさて本日のクワカブです!

~ Allotopus  rosenbergi (ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ)~
   AⅡ血統  累代 WF1  産地 Jampang Jawa産 2008/02/08採卵5卵
 ♂親・・体長46.0mm×♀親・・体長45.0mm
・2008/03/19 1000cc&2000ccブローに全頭お引越し(日本環境)

ローゼンAⅡローゼンAⅡNo.1ローゼンAⅡニョロ
 無事に孵化率100%を達成したローゼンニョロです!^^(笑)最後のニョロのNo,5をLAVのPカップに移動したのが今月の15日のことでしたので、No.5にしてみれば僅か4日でお引越し^^
 体重も測定しましたが、やはりまだ1gにも満たない大きさでした^^;他の4頭は多少は大きくなっているものの、それでも1g程度でしたね^^;今回は♀を1000cc、♂を2000ccに移動したのですが、あてにはならない雌雄判別の結果によると1♂4♀と言った偏り様^^;しかも唯一の♂は丁度2令へ加齢したばかりと言う最悪なタイミングで掘り起こしてしまいました^^;写真2枚目がおそらく♂だと思われるニョロなのですが、まだ脱ぎ脱ぎしたばかりなのがわかりますね^^;このあと無事に潜ってはいいたのですが、少し心配ですねぇ><;

続きましてジョニーさん血統のレギです^^(B血統)
~ Mesotopus regius (レギウスオオツヤクワガタ)~
  ジョニー’s血統B 累代CB2 産地 カメルーン
 ♂親77mm×♀親48mm  ♂♀同腹
・2008/02/22 菌糸Pカップ(200cc)に移動 3頭
・2008/03/19 2000ccブローにお引越し

ジョニー’sBジョニー’sB No.1ジョニー’sB No.2
 Pカップに移動したのが先月の22日ですのでこちらは約1ヶ月ぶりのお引越しですね^^v逆に少しPカップで引っ張りすぎた様な気もします^^;用意しておいた1000ccブローはローゼンで全て使用してしまったのでレギは♂♀関係なく2000ccにブッ込みました^^v念の為ここでもあてにならない雌雄判別を実施して見ると、1♂2♀^^v理想的ですねぇ♪まぁ、合ってるかわかりませんけどね^^;(笑)

 今日はもういっちょいきます!^^v
~ Mesotopus regius (レギウスオオツヤクワガタ)~
  ジョニー’s血統A 累代F2 産地 カメルーン
 ♂親78mm×♀親48mm
  体長 46mm 2007/05/10羽化 (交配♂77mm)
・2008/02/20 穿孔開始(我が家1本目 3卵Get!
・2008/03/19 2000ccブローセット(我が家2本目)
                 &
~ Mesotopus regius (レギウスオオツヤクワガタ)~
♀・・B♀-1  累代F2 体長44.0mm 2006/12/09羽化
・2008/12/08 1本目・・・卵7個
・2008/01/01 2本目・・・ボウズ
・2008/01/15 3本目・・・卵5個       合計12卵!(1頭のみ生存^^;)
・2008/03/19 4本目 2000ccブロー セット

ジョニー’sA(1)ジョニー’sA(2)レギB♀
 前回採卵分の卵が無事に孵化してきたのでジョニー’sBを再セット^^v今回はボトルでイッてもらいます^^v
B♀は唯一の我が家血統REBのママです^^vもう組む気は無かったのですが、ゼリーも1日1個のペースでたいらげて、まだまだいけそうなのでこちらも2000ccでセットしちゃいました^^vあとは結果を待つのみです♪
別窓 | Allotopus  rosenbergi (ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ) | コメント:11 | トラックバック:0
∧top | under∨

菌糸はどこ製??

ティーッス!!^^

 今日は県央地区にある実家にちょこっと用があったので、帰宅前にフラッっとDGに寄ってから帰ってきました^^目的は勿論「先日のKUWATAに参戦できなかったことを愚痴りに!」行ったのではなく、ちこさんから頂いたインド&チベットアンテ用の菌糸を購入する事でした^^v(笑)
 皆さんはアンテなどに使用する菌糸はどこのものを使用しているのでしょう??私は今まで「コレッ!」って決まった菌糸は無かったのですが、ここらで「コレッ!」って菌糸を捜してみようという気になりました^^v。。。でもやっぱり巡り巡ってここは王道G-potでいいかなぁ~なんて考えてDGへ。。。(笑)
LA1000&1400
 
 やっぱりドルクスグッズ特製のLAでしょ!!(爆)



 今日から店長は旅行とのことでしたのでバイトの○川君と相談の上急遽予定変更でLAを使用する事にしました^^v(ってか店員なんだからそりゃ~LA勧めるよねって話も出ましたけどね(笑))
 そんなこんなで1400ccを5本と1000ccを4本購入してきました^^v帰宅して環境変化に合わせることもなく速攻で投入です(爆)
~ Dorcus antaeus (アンタエウスオオクワガタ)~
 ①chiko's血統A  累代 F5  産地  チベット産       親♂85.0mm×♀不明 2007/11割出 2令3頭(1頭★^^;)(No,1=♂22g No,2=♂21g No,3=♀9g)
 ②chiko's血統B  累代 F4  産地  ネパール・チュカ産 親♂83.0mm×♀不明 2008/24割出 2令8頭(2頭★^^;)(No,1=♂24g No,2=♀9g No,3=♂22g No,4=♀10g No,5=♂?16g No,6=♀10g)

フォレス○プロ1100チベットアンテネパールアンテ
 イイカンジに食ってるでしょ~^^v二度食いするアンテにはまだ早いくらいなのかもしれませんが、菌糸が嫌な臭いを発するくらいに劣化しちゃってます^^;やっぱり安すぎる菌糸は良くありませんね^^;
結果はハッキリ言って期待できそうな蟲はゼロ^^;♀なんか黄色掛かってきちゃってるのもチラホラと見られましたし^^;最初のマット飼育の期間が長すぎたのか体重のノリが良くないです^^;
 
 まぁ、LAに全てを託してまた暫く放置ですね^^;

 さっき見てきたらジョニーさん血統のレギが孵化していました^^v他のレギタラ卵は膨らみもしないのでもうダメでしょうねぇ^^;はぁ~。。。
別窓 | Dorcus Antaeus (アンタエウスオオクワガタ) | コメント:22 | トラックバック:0
∧top | under∨

久々^^

ティーッス!^^

 皆さん返コメや訪問ができなくてスイマセンでした^^;ここ数日は会議や冠婚葬祭などがあり、ほとんど蟲も弄れない状態でした^^;

 昨日は大宮でKUWATAが開催された様ですが、私は結婚式のためその頃は新浦安にいました^^;抜け出し行きたいなぁ~なんて考えたものの流石に結婚式は抜け出せませんよね^^;(笑)おとなしく帰宅しましたまた機会があれば皆さんにお会いしたいものです^^v

 さてさてそんなこんなで最近は少ししか蟲弄りができないでおりませたので、ボトル交換や卵の状態をチョコっとご報告です^^v
 まずは黒卍血統・ジョニー’sB♀・Norma’s♀・A♀のタラレギの♀軍団の結果なのですが、結果から言いますとジョニー’sB意外は全滅です^^;黒卍血統はもう少し成熟させて再度ペアリングしてからセットに投入予定です^^;Norma’s♀A♀はやはり♂に問題があった様ですね^^;まったく孵化する気配がありません><かなりショックですね↓

 むなしいのでさっさと次にいきます^^;
~ Mesotopus regius (レギウスオオツヤクワガタ)~
   REB血統-1 累代CB1 産地 カメルーン  孵化2007/11/上旬
 ♂親・・RE♂-1 体長70.0mm × ♀親・・B♀-1 体長44.0mm
・2007/01/03 菌糸ボトル1100cc(LAV)
・2008/02/09 菌糸ボトル1400cc(LAV)
・2008/03/13 菌糸ブロー2000cc(LAV)

REB入りLAV(1)REB入りLAV(2)REB-1
 問題のある♂親をもちながらもなんとか無事に孵化・成長してくれている唯一のREBニョロなのですが、LAVに青カビが発生して菌糸も悪くなってきたので1ヶ月で交換です^^;
 思ったのですがLAVってかなり青カビの発生が早くないですかね?^^;使用している人いますか??
古いボトルを掘り進んでいくと、大きくなったニョロがいましたよぉ^^v大きくなっていると言っても19gですけどね^^;雌雄はほぼ間違いなくですね^^vまぁ、そこまで大きくなくてもいいので無事に羽化までもっていきたいですねぇ><;

 ローゼンの最後のニョロも菌糸に投入しました^^v
~ Allotopus  rosenbergi (ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ)~
   AⅡ血統  累代 WF1  産地 Jampang Jawa産 2008/02/08採卵5卵
 ♂親・・体長46.0mm×♀親・・体長45.0mm
・2008/03/13 No5w菌糸Pカップに移動(LAV)

ローゼンNo.5 3月上旬に孵化し、そのままFマットで管理していた最後のローゼンAⅡのニョロを菌糸にお引越ししましたよ^^v他の兄弟達は2月下旬頃に孵化しており、このコが孵化した辺りに菌糸に投入してありましたので若干この子よりかは成長しています^^vローゼンAⅡは5頭だけですが無事に孵化率100%を達成!♪あとは羽化まで無事にもっていければリベンジ成功ですよぉ♪頑張らなくては^^v

そうそう!みなさん追い掛けはどのようなタイミングでおこなっていますか??黒卍血統の♀さんはおそらく無精卵を産んでしまったのだと思い、♂をハンドペアリングさせようと近づけたのですが、一向に交尾を受け入れようとしません^^;これってやっぱりまだ産卵モード中なんでしょうかね??

別窓 | Allotopus  rosenbergi (ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ) | コメント:8 | トラックバック:0
∧top | under∨

またやっちまった^^;

ティーッス!!^^

 今日はこれから某大学病院で会議に出席しなくてはいけないため、仕事から帰宅して早々と蟲弄りです^^;ん~眠い><;
先日回収した黒卍血統のタラの卵は10個くらいは黒くなってきてしまいました><;こりゃ~少し放置して追いがけしてから再セットですね^^;

 さて、先日の記事で「やっちまった」事があると言いましたが、またまたインドアンテの様子見のためにケースを引っ張り出した際に

「ドサッ!」

っとやってしまいました^^;また最初からやり直しぃ~(TT)

~ Dorcus antaeus (アンタエウスオオクワガタ)~
  誠也’s血統Pr 累代F3 産地  インド・タロデンタン産 
 ♂・・体長72.0mm 2007/05/26羽化   ♀・・体長48.0mm 2007/04羽化
・2008/01/21 同居開始
・2008/01/29 ♀セット投入
・2008/03/10 ドサッっと^^;再セットし直し^^;

誠也’sインドアンテセットインドアンテ卵(1)インドアンテ卵(2)誠也’sインドアンテPr
 写真1枚目は現状報告しようと撮影した写真です^^無事に♀は起きて活動をし始めたようなので安心していたのですが、これじゃ~採卵までしとかないと再セットを組めないということになり、仕方なく採卵することに^^;結果は米粒の様な卵が7個^^;孵化してくれるかは微妙ですね^^;これはPカップにMAXマットを詰めたもので管理していきます^^
♀もせっかく取り出したのだからと♂との再ペアリングを試みたのですが、お互いにまったく興味を示さない^^;まぁ、かかっているのはほぼ確実ですし無理しないで♀はセットに投入しときました^^

つぎに源八さんトコから飛んできたサビイロカブトです^^v

意外な結果に自分でもビックリ(笑)
~ Allomyrina Pfeifferi (サビイロカブトムシ)~
  サビイロA血統 累代CB1 産地 マレー・キャメロンハイランド
 ♂体長 未測定 2007/08~9月羽化 
 ♀体長 未測定 2007/08~9月羽化 源八さんのトコで21卵産卵済み^^v
・2008/03/03 セット開始(Q-BOX40)
・2008/03/10 セット変更(中ケース)

先日から源八さんにも「そろそろ取り出さないと大変なことに・・・」なぁ~んてお話を聞いていましたし、約1週間経過したことから採卵してみました^^v

。。。結果はみごとにボウズ!(ノ><)ノ

 原因はおそらくケースにあると思われます^^;やっぱり浅かったんでしょうね^^;今回は中ケースに切り替えて再セットを組みました^^v♂♀共に少し元気がなくなってきたご様子ですし、もしかしたら♀の限界が近いのかもしれません^^;★になる前に数頭は確保しなくては^^;

 なんだかせっかく負の連鎖から抜け出したのに、また負の連鎖がはじまりそうな嫌な予感がしている今日この頃です><;

別窓 | Dorcus Antaeus (アンタエウスオオクワガタ) | コメント:22 | トラックバック:0
∧top | under∨

久々に^^

ティーッス!!^^

 最近はほんとポカポカしてきましたねぇ^^朝方起きた時に「さみぃ~」なんて思わない日がココ最近続いています^^春をすぐそこに感じますねぇ^^あっ。。。お雛様しまわなきゃ!(爆)お嬢様がお嫁にいけなくなってしまう!。。。まっ、いっか(爆)

 おバカなパパはおいといて、早速蟲にいきましょう!^^;

~ 謎の国産ニョロ ~
 ・2007/12/08 10頭回収(多分コクワ×9、ノコ×1)
 ・2007/12/11 G-POT3000ccボトル投入(多頭)
 ・2008/03/10 生存確認!菌糸入りマットに移行!

国産クワ郡入G-pot 
 昨年12月7日にG-pot3000に入れたまま放置していた国産コクワ&ノコを久々に割り出してみました^^v菌糸が水を吐きまくってますのでこのままでは溺死しちゃう恐れもありますしね^^;お分かりの通り写真に写っているボトルの下5cmの色が違うところは菌糸が出した水分です^^;無事にみんな生存しているかな??

ホジホジ

国産クワ郡国産クワ郡ニューセット
 皆さん無事に生存していましたよぉ^^vほとんどがコクワですのであまり大きくはなっていませんが、11頭無事に生きておりました^^v

んっ?・・・11頭??

増えてるし!!

 確か投入時には10頭入れたハズだと思ったんだけどなぁ^^;皆さんに多頭飼育すると頭数が減っているから注意って言われてたので覚悟はしていましたが、まさか増えて出てくるとは思いませんでしたよ(爆)まぁ、減ってるよりはイイですよね!^^v体重はどれも3~4g程度の大きさでした^^
今回はまたG-pot3000に投入することも考えたのですが、コクワと言えども流石に11頭もいると過密状態だった様子^^;色も変色してきているものもいますのでマット飼育に切り替え、大ケースに移動しました^^マットは悪くなっていないG-pot菌糸を砕いて混ぜ合わせたものを使用します^^v

無事に羽化してくれますよぉに!

 他にも今日蟲弄りをしていてやらかしてしまったハプニングがあるのですが、それはまた後日と言うことで^^;

別窓 | 飼育用品・採集 ets | コメント:14 | トラックバック:0
∧top | under∨

奇跡Ⅱ起こるか!?

ティーッス!!^^

 先日ボトルを一生懸命詰め詰めしたのですが、肝心の入れる固体が育っていない^^;黒卍血統の卵がほとんど黒くなってきてます困ったなぁ~っと思っている時にフッと温室の棚に目をやると、諦められずにLAVを詰めた800ccボトルをブッ込んでおいたレギA♀とNorma’s♀のケースが早速割り出して見ると・・・
~ Mesotopus regius (レギウスオオツヤクワガタ) ~
♂・・RE♂-1 累代F1 体長70.0mm 2007/04/羽化
               ×
♀・・A♀-1  累代F1  体長46.0mm 2007/04/羽化
  ・1本目・・・初令2頭&卵3個(全滅)
  ・2本目・・・卵2個^^v
  ・3本目・・・ボウズ^^;
  ・4本目・・・ボウズ^^;
  ・5本目・・・卵4個^^v

♀・・Norma’s血統♀  累代CB1  体長46.0mm 2007/06/22羽化
  ・1本目・・・ボウズ
  ・2本目・・・卵3個(全滅)
  ・3本目・・・ボウズ^^;      
  ・4本目・・・卵6個1プチ^^;

レギA♀卵(1)レギA♀卵(2)Norma’sレギ♀卵
 
 ちゃんと産んでくれてましたよォ!!♪しかもどうしても残したかったNorma’s血統が6卵も♪ 完全に諦めモードだったこの2血統が産んでくれて花粉症のダメージを吹き飛ばしてくれました!!^^v(笑)
A♀は写真では3個しか写っていませんが、写真撮影後に卵を1個見つけたので合計4個の卵を発見
 あとは無事に孵化までもっていけるかが大きな問題^^;ここで1番大きな壁なのが♂の問題です。どうやら我が家で今年種親に使用した♂に何か問題があるようで、今まで無事に孵化したものは5頭、そのうち1頭しか現在は生存しておりませんしかも無事に生存しているのはB♀血統のニョロなのです^^;A♀は最初の採卵でニョロを2頭回収していますので、無精卵ではないとは思うのですが、Norma’s血統はいまだ無事に孵化したものは無し^^;追いがけ使用にも♂がまったくやる気を示しません^^;
 あとは奇跡を願うしかありませんね^^;
今回はちょっとVIPにSマットを使用して管理してみようと思います^^v

 少しご報告が遅くなりましたが、我が家のインターメディアがついに★となってしまいました^^;インターメディアでまさかのボウズで終了^^;情け無い(TT)
今回の大きなミスは、WD固体の購入時期のミスだと思っています^^;(そう思わせてください)(笑)体重は購入時に5gだったのですがこれが位が標準なんでしょうかね??sorapaさん教えてくださぁ~い(TT)そしてσ^^;の敵をォ~
インタメA♀★インターメディアツヤ♂(1)インターメディアツヤ♂(2)インターメディアツヤ♂(3)
 ♀に旅立たれた♂は今もすこぶる元気なご様子^^;

最近はビッダにも出品されていないため♀も探すことができずにタラレギなどの♂単よりも管理に困ってしまうインタメ♂単なのでした^^;

別窓 | Mesotopus regius (レギウスオオツヤクワガタ) | コメント:12 | トラックバック:0
∧top | under∨

ブロック崩しの名人登場!^^

ティーッス!!^^

 今日は仕事帰りにその足でDGまで直行しました^^MAXマットとFマットの在庫が切れてしまったので買い足しが大きな目的でした^^v今日は店長は所用でお休みとの事でバイトの○川君と1時間ほどお話^^もっと居たかったのですが、当直明けの身体にはちとキツかったので早めに帰宅しました^^;

 帰宅すると注文しておいた菌糸が早くも到着していたため早速詰め詰めすることにしました^^今回の菌糸は以前オフ会の際に回天さんにもお話を聞いていた日本環境株式会社さんのそのまんまカワラです^^vマシリトさんも使用しているみたいですねぇ♪
日本環境カワラ(1)日本環境カワラ(2)
 今回発注したものはそのまんまカワラ-5です^^
1ブロック5.7L入りなのにお値段は破格ですよしかも発送前に1度崩してくれるので外の厚い皮膜がまったくありません^^v例えるとG-ブ○ック丸みたいなカンジ^^今回が初めての使用ですのでどのような結果が出るのか楽しみです^^♪
ブロック崩しの名人!
そしてコレを初登場の我が家の「秘密兵器」によりより一層粉砕していただきました(爆)
 (komachi) お嬢様、ちゃんと手ぇ洗ったのですか?
 (娘)     。。。んーーー!!

完成ボトル そんなこんなで無事(?)に完成したボトル群です^^;今回作成できたのは全てのブロックを使用して2Lが8本1Lが4本200ccプリンが4個でピッタリ収まりました^^vでも5.7Lが5袋で28.5Lなのに、出来上がったものを全部足しても20.8Lってことはかなり詰まってしまったのかな??甘詰めしたつもりなのに全然強かったみたいですねぇ

でも何故か採卵したレギタラの卵はどんどん黒く変色して行ってるし・・・万が一このボトル達が余ってしまったら、どなたかカワラで飼育できる生体を下さい(爆)

 そして今日はピサロの採卵も実施!^^v

~ Golofa pizarro (ピサロタテズノカブトムシ)~
  DG’s血統 累代CB1 産地 メキシコ ベラクルス州サンタマルタ
 ♂体長 48.0mm 2008/01/中旬羽化 後食済み
 ♀体長 41.0mm 2008/01/中旬羽化 後食済み
・2008/02/23 セット開始
・2008/02/29 1回目採卵 (19卵Get!!1卵プチッ^^;)
・2008/03/09 2回目採卵 (33卵Get!!^^v) ここまでの合計52個

ピサロ 33卵 
 今回も爆産でしたねぇ♪でも前回の採卵分の大半が黒くなってき始めましたあんまり採卵しない方がいいのでしょうか??前回より採卵期間が長かったためか、健康そうな卵は既に丸く膨れ始めていました^^vってことは前回採卵したのは変化が見られないので孵化しない確立が高いってことですねぇ^^;

 ♀さんも少しづつではありますが確実に軽くなってきているので、なんとか数頭でもニョロを確保しておきたいものです^^;
別窓 | Golofa pizarro (ピサロタテズノカブトムシ) | コメント:14 | トラックバック:0
∧top | under∨

順調・・・?^^;

ティーッス!!^^

 連日花粉症が酷く、鼻の下がもうカピカピ状態です^^;この季節花粉症の方は「この世から杉なんて無くなってしまえばいいのに・・・」なんて考えてしまう毎日ですよねぇ^^;
σ^^の場合は鼻水・くしゃみ・頭痛・耳鳴りetcとフルコースなので最近は何事にもやる気が今一つと言ったカンジ^^;これからブリシーズンでテンション上げていきたいのに、毎日これじゃ~上がりきらないですよねぇ^^;

 さてクワカブいきます!^^

 ローゼンA♀の子供達(AⅡ)が3月3日で5卵全てが孵化しました^^v一応は孵化率100%ですね(笑)最後の1頭はFマットの添加が強かったせいか一向に潜る気配がなかったため、少しSマットを混ぜ込んだところ即日潜っていきましたので安心しました^^vやはり卵→孵化→管理は無添加マットを使用した方が安パイのようですね^^;
その1頭のみはまだマットで管理しておき、2月下旬に孵化していた固体からPカップに移動させました^^v今回も使用した菌糸はドルクスグッズさんのLAVです^^v
~ Allotopus  rosenbergi (ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ)~
   AⅡ血統  累代 WF1  産地 Jampang Jawa産 2008/02/08採卵5卵
 ♂親・・体長46.0mm×♀親・・体長45.0mm
・2008/02/21 1卵孵化(残り4卵)^^v
・2008/02/24 2卵孵化(残り2個)^^v
・2008/02/26 1卵孵化(残り1個)^^v
・2008/03/03 1頭孵化(全て孵化♪)^^v

ローゼンAⅡ初令4頭ローゼンAⅡニョロ(1)ローゼンAⅡニョロ(2)ローゼンAⅡニョロ(3)
 イ~カンジに育ってますねぇ^^vお腹の中まで真っ黒ですのできちんとマットを食べてくれています^^ここでいきなり800cc辺りに投入することも考えたのですが、今年は無事羽化までもっていき、完全にリベンジ成功する事を目標にしているので「オーソドックスに・確実に」をコンセプトに頑張るつもりです^^v
ローゼンAⅡニョロ(4) 
先程確認したところ、全頭が無事に潜ってました^^v
今のところ問題は無いようですね^^vレギを移動させた時は潜らなかったり、潜っても直ぐに上がってきてしまったりと問題が多発してましたので数日間は様子を見てみないと><;

 そしてそしてついにこの時が来てしまいました・・・

~ Allotopus  rosenbergi (ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ)~
   A血統  累代 WD  産地 Jampang Jawa産 2007/12/11通関
 ♂・・体長46.0mm  ♀・・体長45.0mm
・2本目・・・結果 卵2個(既に★)
・3本目・・・結果 卵5個
・2008/03/05 ★

ローゼンA♀★ 
 元気の無かったローゼンA♀がやはり★となってしまいました(TT)もう少し卵を残して欲しかったのですが、どうやら本当にWild固体の様でしたし、5卵でもリベンジ成功までの道を作ってくれた子の♀には大変感謝しています^^vA♀本当にありがとう!


 先日UPしたタラの卵や先週採卵したピサロの卵に、溶け出したり黒くなり始めたりと嫌な変化が見えてきましたピサロは多産系で産卵数からしてある程度の卵がそうなってしまう事はわかっていたのですが、タラの卵は心配で心配で・・・><;交尾時間が短かったこともあり、きちんと掛かっているかが1番心配です><;黒卍血統頑張ってくだされぇ~!


別窓 | Allotopus  rosenbergi (ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ) | コメント:20 | トラックバック:0
∧top | under∨

起死回生!^^

ティーッス!!^^

 さぁ!今日はいきなりクワカブいっちゃいましょう!^^v先程やっと実家から帰宅しました^^
帰宅後に速攻蟲部屋に行き、蟲弄り開始!今日はどうしてもタラレギの割り出しをしたかったんですよねぇ^^;
~ Mesotopus regius (レギウスオオツヤクワガタ)~
  ジョニー’s血統A 累代F2 産地 カメルーン
 ♂親78mm×♀親48mm
  体長 46mm 2007/05/10羽化 (交配♂77mm)
・2008/02/20 穿孔開始(我が家1本目)
・2008/03/04 割り出し&再セット (3卵Get!!

ジョニー’sレギA♀ジョニー’sレギセットレギ産卵床(1)ジョニー’sAⅡ
 2月20日にDGのレイシ材に変更したとたんに潜りだしたジョニーさん血統のレギ^^セットから大体2週間経過した上、コバエも湧き出したので割り出しをしてみました^^v結果は3卵Get!
もう少し産んでくれそうな気がしますが、無事に採卵できたことに感謝またボウズだったらショックでかいもんね^^;


 続いて同時期にセットしたまんじさんのタラ♂と黒蟲さんのタラ♀を交配した「黒卍血統」の割り出しです^^v名前からしていっぱい産んでくれそう小さそうだけど。。(爆)ボソッ
~ Mesotopus tarandus (タランドゥスオオツヤクワガタ) ~
♂・・まんじ’s血統 累代F1 体長60.0mm 羽化日不明
               ×
♀・・黒蟲’s血統  累代F1  体長40.0mm 2007/09/下旬羽化
・2008/02/12 同居開始 ・2008/02/14 ♀セット投入
・2008/03/04 割り出し&再セット (12卵Get!!

黒卍タラセット黒卍産卵床(1)黒卍タラ産卵床&卵黒卍タラ卵
 流石はクロマン血統!!(なんか卑わい
やってくれちゃいました♪12卵も産んでくれました!^^v真っ黒な卵と潰してしまった卵が1つづつあったので実質♀が産卵してくれたのは14個となります^^v最近我が家でのタラレギ産卵成績からするとかなりの優等生ですこの調子で次にいってもらいましょう!^^v

 
 レギもタラも今回使用した人口レイシがまだ使用できそうであったため再利用しました^^vうまく穿孔してくれればまた2週間後に採卵しようと思います^^vそれにしても黒卍のおかげで完全に負の連鎖から抜け出せた気がします!^^でも本当に抜け出せたと思える時は無事に孵化してくれた時になるでしょうね!^^v


別窓 | Mesotopus regius (レギウスオオツヤクワガタ) | コメント:24 | トラックバック:0
∧top | under∨

到着^^v

ティーッス!!^^

 雛祭り本番ですねぇ^^先日頑張ってお雛様を出したのに、これから私の実家に帰省しますどうやら昨日、おじいちゃんとおばあちゃんから一緒に「散らし寿司」を食べようとTELがあったみたいです^^;それを今日仕事から帰宅して言われたσ^^は、少し微妙なカンジ^^;

 せっかく出したのに当日に家にいないんじゃ意味ないじゃない?。。。

 っと小声でブーイングしておきました^^;ここで口が滑って妻を怒らせたら蟲にまで影響が出かねませんからね元気良く「わかったぁ~」っと言っておきました
そんな訳で今日は出掛ける準備があるため更新&蟲弄りは午前中におこないました^^v


 昨日源八さん宅から例のモノが飛んできました^^v
源八さんからのプレ 
 
 色々な方のブログのコメで言っていたので、この中身をご存知の方は多いかもしれませんねぇ~^^v


~ Allomyrina Pfeifferi (サビイロカブトムシ)~
  サビイロA血統 累代CB1 産地 マレー・キャメロンハイランド
 ♂体長 未測定 2007/08~9月羽化 
 ♀体長 未測定 2007/08~9月羽化 源八さんのトコで21卵産卵済み^^v
・2008/03/03 セット開始

サビイロカブト♂サビイロカブト♀
 最近コカブに嵌っているので前々から気になっていたのですが、いざ購入するとなると、後々の事を考えてしまい思い切る事ができない種類でした^^;あんまり取れすぎてしまった際に貰ってくれる方がいればいいですが、サビイロのビッダでの入札・取引状況からしても、逆に数を減らしていくのが至難の業ってカンジがしますし^^;
既に源八さん宅でも21卵も産んでいますし、今回譲って頂いた♀は我が家にはベストな♀さんなのです^^v
因みにこの固体はみつひろうさん宅から源八さんのお宅に飛んで行った固体だそうです^^v優良血統ですね♪可愛いぃ~ピサロとサビイロは妻&娘にも可愛いと評判です(笑)
 
 到着していきなりですが、早速セットを組んで見ました^^
サビイロセットサビイロカブトPr
 今回使用した資材はピサロ同様にハイパーマット足場木(数本)ゼリーです^^違うところはケースをコバシャではなくQ-BOX40で組んだことくらい^^v
 産卵誘発になるかと考えて♂も一緒にケースに入ってもらいました^^v環境変化があるため直ぐに爆産!っという訳にはいかないと思いますが、とにかくまずは早く我が家の環境に慣れてもらいたいですね^^v

 
え~先程ピサロのケースを覗いて見たところ、もう既に卵がちらほらと見えておりました^^;恐るべしピサロ!!><v


別窓 | Allomyrina Pfeifferi(サビイロカブトムシ) | コメント:14 | トラックバック:0
∧top | under∨

限界?^^;

ティーッス!^^

 今日は妻の実家からお父さんと妹が来ていました^^vそれなのに私は蟲部屋の掃除をするようにとのこと^^;1日掛かって蟲部屋を綺麗にしちゃいました言われないとやらない性格なもんでして^^;(大抵は言われてもやらないんですが)(笑)
 今日掃除させられた最大の理由は、去年蟲部屋の押入れの奥底に収納した「雛人形」を取り出し、飾るためだったのです!あまりに飼育資材が山積みだったため救出不能でした^^せっせこ綺麗にしていき、やっとのことで押入れ内部に侵入!

。。。無いじゃん

 別の部屋の押入れの中にありました^^;(爆)

 こんな事でもないと部屋も片付かないので良いキッカケになったと思っておきますv^^;
そんでもって出てきた雛人形はこちら^^
~ お手製雛人形~
  ひいおばあちゃん’s雛人形 累代WILD(?) 産地 日本 神奈川・カミさんの実家産
 ♂体長 160mm 2008/08/中旬作成 
 ♀体長 160mm 2008/08/中旬作成
・2008/03/01 セット (産卵セットじゃないよ^^v)

お雛様  せっかくなんで「蟲風」に紹介してみました^^(爆)
娘の初節句の時に妻のおばあちゃんが手作りで作ってくれたお内裏様とお雛様です♪^^あっ、娘にしてみれば「ひいおばあちゃん」ですね^^; 
いつみても良くできてるなぁ~って感心しちゃいます^^v
他にも購入した段飾りもあるのですが、スペースの問題上今年は出番無し^^;


 ここからは蟲ネタです^^

 昨日はピサロネタで皆さんに色々とコメントを頂き感謝しております^^やっぱり爆産種のようですねぇ^^vですが、爆産するものの負荷率はまぁまぁ・・てなカンジの様子^^;ってことは数産んでもらわないと困りますねぇ><;これからは約1週間間隔で採卵し、採れた卵はPカップで管理していこうと思います^^

 さて、以前DGの砂埋でセットを組んだローゼンA♀さんなのですが、潜らずに「もう限界!」ってカンジをフルにかもし出していたのでセットから取り出しました^^;
~ Allotopus  rosenbergi (ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ)~
   A血統  累代 WD  産地 Jampang Jawa産 2007/12/11通関
 ♂・・体長46.0mm  ♀・・体長45.0mm
・2本目・・・結果 卵2個(既に★)
・3本目・・・結果 卵5個

ローゼンA♀ローゼンA砂埋レイシセット
 
 2月20日にセットを組んで暫く様子を伺っていたのですが、誘導孔にささった状態のままで1週間以上過ごしてました^^;符節欠けや麻痺などは見られないのですが、もう限界でしょうねぇ^^;
もう少しニョロを残して欲しかったのですが、もうセットは組まずにゼリーを食べて余生を送ってもらう事にします^^v
別窓 | Allotopus  rosenbergi (ローゼンベルグオウゴンオニクワガタ) | コメント:12 | トラックバック:0
∧top | under∨
| クワカブkomachi |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。