クワカブkomachi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

本番間近に気合を入れて!

ティーッス!^^

 最近飼育種が増えてきたので,飼育にかかる時間が多くなってきています。
 まァ、好きなので別に問題ないですが,マット交換,セット,割り出し。。。毎日やることありますね。
 何事もほどほどが良いってもんですな(笑)

 さて,早速ですが今日は私のブログに来てくれる人(「ヨツボシ」「産卵セット」なんて検索でたどりつかれる方が多いようです)が調べているヨツボシの産卵セットをちょっとご紹介しちゃいます。もちろんこれは私流ですから失敗しても責任とれませんよ。(笑)

DSCF3057.jpg

。。。いたって普通でしょ(笑)とは言ってもこれは現在の状況なので最初はもっと水苔を入れていました。
 なにやらヨツボシはミズゴケをいっぱい入れなきゃ産まないみたいに思われている方が多いようですが,ミズゴケはきっかけだけですから,後半はこんなカンジで何も入れなくてもちゃんと産むんですよ。
 ポイントは乾燥に注意すること!コイツらは水分が多いところに産むんです。
 
DSCF3058.jpg

 ちなみにまだまだ♀は産んでいますが,現在はトータルして86匹回収しています。

DSCF3056.jpg

 採卵がダメとかの話もありますが,私は全部卵回収ですけどほとんど孵化してます。
 とりあえず,まずは色々と自分でやってみると,新たな発見があって楽しめますよぉ♪

 ヨツボシはまだ1Prいるのですが,もうこれ以上いらないのでカミさんにあげちゃおうか思案中。。。


 んでもって今日のムシさん!って今のもムシだったじゃんってのはナシで^^;

 先日ご紹介したダビディスも2セット目に入れて順調に卵が見えています。
 まだまだムニスやゴロファ,テルシなどもいるのでこのままではコカブ天国となってしまうのですが,完全に忘れていたヤツがいました!

~ Coelosis bicornis( ビコルニス ※ミツノセスジクリイロサイカブトムシ)~
   A血統  累代WF2  産地 ブラジル ミナスジュライス産


DSCF3054.jpg

 こんなのもいるのかって思われそうですが,ビコルニスです。
 更新していませんでしたし,カテゴリーにもなかったので,この機会にUPすることにしました。

 コイツは第一号の♀なのですが,なんてたって蛹化までが高速!!!コイツは1月に孵化したヤツですから半年で羽化してきます。ヨツボシなんかも早いですが,休眠期間が半年程度ありますからコイツらに比べたら簡単には増えていかないでしょう。
 でもコイツらは。。。油断大敵(笑)
 
 羽化したら。。。セット組むかなァ。。。

 

スポンサーサイト
別窓 | Coelosis bicornis(ビコルニス) | コメント:13 | トラックバック:0
∧top | under∨

こんなカンジ!

ティーッス!!^^

 自分の飼育種の写真を撮っていて感じたのですが,少しづつ飼育している種の趣向が変わっています。

 昔はパプキンやニジイロなどの色虫ってまったく興味がなかったんですが,最近気が付くと色がついている虫ばかりが増えていたり。。。(汗)

 私はどうやら特に「赤」の強い虫と「テカテカ」な虫が好きなようです(笑)

 なんだか自分で自分の新たな一面に気が付いてしまった今日は,今までUPしていなかったこの種をご紹介することにします。

~ Xyloscoptes davidis(ダビディスカブトムシ)~
   A血統  累代CBF1  産地 ベトナム ゲアン産


89110653.jpg

 某ショップ様の写真を無断借用(笑)

 本日は時間もあったので,ダビディスカブトムシの割り出しを行いました。
 カブトムシってクワガタに比べると,まず産卵数0ってことは少ないので少し安心して割り出しを行えますが,コイツはちょいとクセがあるのでハラハラして楽しめるんですよね。

 っとは言ってもコイツのポイントはマットの水分量だけだと自分は思っています。

DSCF3031.jpg

 ひっくり返した画像ですが,産んだばかりと思われる卵が見えています。
 これでとりあえずは一安心なのですが,国産カブトムシに似ているくせに,国産カブトムシよりも卵が弱い気がするんですよね。
 割らないように注意して採卵しました。

 今回使用したマットは万能カブトマット 「赤」です。
 私もある意味モニターなので(苦笑)
 結果は36個。。。おもいっきり普通(汗)

 ダビディスカブトについては国産カブトムシのセットで産卵させることは可能ですが,栄養添加が多いとどうしてもお尻でっかちの成体になってしまいますので,幼虫飼育はヒメカブマットでおこなう予定です。   
別窓 | Xyloscoptes davidis(ダビディスカブトムシ) | コメント:8 | トラックバック:0
∧top | under∨

アウトブリードのススメ!!

ティーッス!!^^

 色々な方に応援のお言葉を頂きまして,本当にありがたく思っている毎日でございます
 とにかく「大型産出!」とかじゃなくて,リアルに飼育人口を増やしていけるように頑張っていきます!!
 
 ちなみに。。。このBLOGはあくまで「私の」飼育種なので,ここに出た種が全部お店に並ぶってことじゃありません。
 セット組んだりは私もしますが,そこはあくまでカミさんのお店ですから,そちらの予算でやってもらいます(爆)

 もちろん数多く取れればショップにも並ぶのですが,私は別に販売目的で飼育しているわけではないので,私のIDでオークションに出しちゃったりもしますから,そちらを楽しみにしてください♪。。。っていきなりカミさんを敵に回す発言ですね(汗)

 とにかく頑張ります!!

 今日は先日,「つっくん」こと月読さんにコメント頂いた「A血統ってなんじゃ!?」ってのを解決しながら記事を書きます。

 今日のは自己満足な記事100%ですよ(笑)

~ Spodistes Mniszechi (ムニスゼッチコフキカブトムシ)~
  A血統 累代CBF1 産地 メキシコ(Veracruz)


DSCF3028.jpg

 ♀さん羽化しました!♂は依然として蛹をやっております。羽化第一号です♪
 サイズ的にはまだ計測していませんが,25.0ってところじゃないでしょうか。
 コフキ系じゃ栄養価が高すぎで大きくなりすぎると,上翅が絞まりきらないってことがありますからこのくらいが丁度良いんですよね。もちこいつはヒメカブマットで羽化させました。

 んでもってコイツ

~ Spodistes Mniszechi (ムニスゼッチコフキカブトムシ)~
  B血統 累代CBF4 産地 メキシコ(Veracruz)

 
DSCF3014.jpg

 この♀はB血統です。すでに羽化済みで後食を待つだけです。

 ってことで,私は基本的には2系統所持する,もしくは必ず単品を手に入れて2世代以内で必ずと言って良いほどCBにします。オオクワでもF4にはしないかなァ。。。
 私,なんちゃって医療従事者なので遺伝とか無駄に気にしちゃうんです(汗)
 A血統って書いてあるのばかりなのは,先に入手した方を「A血統」としちゃうので,B血統の出番がないだけです(笑)
 巷の○○血統とかいろいろな名前ありますが,どんなのだろうがA・B・C・・・で管理してます。

 オオクワガタなどでは形状を維持するためにインブリをおこなう方は結構いますが,これって比較的狭い範囲で行動する習性があるドルクスだからできることだと思うんですよ。云わば進化の過程でインブリードに強くなってる種です。
 でもそれが他の生物全てにあてはまるわけじゃありませんよね。
 むしろ大部分は血が濃くなることが問題となることが多いと思います。
 「形状」ってのは遺伝に強く出ることが多いようですが,サイズについてはそれほど強くありません。
 大きくなる遺伝子はあっても,インブリを続けるとその遺伝子が壊れる・変化するリスクだってあるわけです。

 大きい人間×大きい人間=巨人ってことにはなりませんし,小さい人間×小さい人間=フェアリーってこともありません(笑)
 生き物ってそんな単純じゃないんですよね。
 調べてみると「へ~」ってなる遺伝。
 
 余談ですけど,皆さん良く聞く「運動神経」ってあるじゃないですか。運動会や習い事で自分のお子さんを見て「俺はあんなに運動オンチor運動神経抜群じゃないんだけどなァ~」とか思ったことありません??
 
 基本的に「筋肉・骨の基本量」などは遺伝しても,それまで親の経験(トレーニング)でできあがったものは遺伝しませんし,遺伝してもそのほとんどが母親からの遺伝なんです。
 ってことでお父様方がどんなに気合を入れたスポーツマンであったとしても,子供が同じになる確率なんて数%なんですよ。
 本人が産まれてから頑張れるかどうかにもかかってるわけです。

 こんな具合で結局はその個体の育成される「環境」で大きく左右されちゃいます。
 大きくできる人ってのはこの「環境」がきっちり管理できる人なわけで,人間で言えば「きちんと子供が伸びる環境を作れる親」ってことです。
 オリンピック選手の子供ばかりが次のオリンピック選手じゃ,何年たっても同じ家系同士の戦いになっちゃいます。
 それはそれでおもしろいけど(笑)

 一世を風靡したルカディアを作ったTAMさんが言ってましたが,某ギネスブリーダーの自宅で産まれたギネス系幼虫を,それまたそのお宅で詰めたルカディアに入れて,まったく違う人の家に持っていき管理しても,そのギネスブリーダー以外は誰一人80mmUP出せなかったなんてこともあったんですよね。これって交換タイミングも全部ギネスブリーダーのタイミングで一緒にしてやった実験なのが凄いんですよ。

 そんなこんなの経験&実験で今は基本的に生体の血が濃くなりすぎるのは,やはり生物学上あまりよろしくないのではないかと考えてやってるわけなのです><;。。。気持ち悪いヤツでしょ?(爆)

 ってことで,つっくんも2系統準備しましょ~!!。。。BREEDER’sCOMPANYで( ̄▽ ̄)ニヤリ
別窓 | Spodistes Mniszechi (ムニスゼッチコフキカブトムシ) | コメント:10 | トラックバック:0
∧top | under∨

発表!

ティーッス!^^

 さて,いよいよ梅雨入りしましたね^^っとは言っても毎日ジメジメ~って感じでもないので,こっからが梅雨の始まりって感じでしょうね^^
 さてさて,巷ですでに告知してくださっている方もいらっしゃるので知っている人も多いかと思いますが,実はカミさん主体でショップを開きまして^^;
 もちろん私も協力はしているのですが,あくまで補助的な感じです。

 この「クワカブkomachi」は私の個人的なブログですから今までは発表しなかったんですが,宣伝はしておこうかなァ~って(苦笑)
 たぶんこの記事以外にお店のことを書くことはほとんど無いと思いますが,なんだか隠しているようなのもモヤモヤするんですよね^^;

 これがそのショップです。↓
BREEDER’s COMPANY本店

BREEDER’s COMPANY Yahooショッピング店

BREEDER’s BLOG(公式ブログ)

facebookもありますので,「BREEDER’s COMPANY facebook」で探してみてくださいね♪
入荷情報などはブログやフェイスブック,メルマガで配信してます。


  今までBLOGの中で発表しなかったのは,正直なところコンセプト的に私のブログに遊びに来てくださっている,「すでに飼育をしている」人達が使用する用品ではないかなァ~って思っていたのもあるんです^^;

 私もBLOGこそ更新していませんでしたが,もちろん細々ながらも飼育は継続していました。
 飼育を楽しむ中でやっぱり用品代はバカにならないし,良いものは高いし。。。これって飼育してる人のほとんどが感じると思うんですよ。でもムシに限らず良いものは高いにきまってるんですけど(笑)
 でも飼育を「継続」できるのは「好きだから」のほかに既に生体が手元にあるから買う気になれちゃうわけです。
 更に言えば,違いがわかってきてからこそ良いものを使おうって気になれるわけです。

 まだ「興味がある」程度の人は,その金額を見ただけで飼育するのやめちゃいますよね。
 いくらムシ業界の勢いが少し上がってきているとは言っても,全盛期に比べてはるかに劣っているのは事実。これって今の飼育者をどうのって話じゃなくて,新しく飼育したいって人が増えないと活性化なんてしないと思ってるんです。
 
 なのでうちのショップはどちらかと言えば,超初心者や数多く飼育している方の飼育費用削減を主眼においてのラインナップにしてあります。 なので,過剰なものはありません!!キッパリ(笑)

 そこに照準を合わせておりませんので,うちの菌糸を使ってもオオクワガタ80.0mmは多分出ません。
 でも初飼育の方が興奮できるような70.0mmUPなら充分に出るように作りました。
 マット飼育でも,ヘラクレス・へラクレスは130.0mmUP普通にしますし,ギラファ・ダイスケも100.0mmUPします。

 もちろん成熟や生体の管理,産卵セットがきちんとできていなくちゃ用品が良くたって産まない種も沢山います。
 明日からオオクワガタの飼育を始めるって方が,良い血統と菌糸を準備できたとしても,技術や知識がなければ80,0mmUPなんて出ないのが現実です。

 なので初心者の方でも成熟のタイミングがわかるよう,用品を100%使用できるように,飼育方法や使用方法はいつでもお答えしています。もちろんヨツボシだろうがなんだろうが,飼育方法を隠すなんてこともしてません。  
 知ってることで,私が答えられる内容なら全て答えます。

 まずは何はともあれ飼育はしてみないとなかなか楽しさがわかりません。
 
 私もオオクワガタの幼虫販売をインターネットで始めえて知って,ネットを使用して買って育てて,ブログを始めて,近所のムシ屋に入りびたりになって、同じ常連さんと仲良くなって,ブログ更新してネットの世界でもムシ友さんと仲良くなって,今も電話で相談にのってくれる大切なムシ友さん達とつながっています。

 なのでまずは,80.0mmUPのお手伝いじゃなくて,飼育を楽しめるきっかけ&続けるサポートができるショップであれればとカミさんと話してたり,してなかったり。(笑)
 慣れてでかいのを出したくなったら,色々なショップさんの菌糸を試したりできれば本当の「活性化」につながるのではないでしょうかね。

 そんなBREEDER’sCOMPANYをよろしくお願いします!

 ち・な・みに。。。私はあくまで「趣味」で飼育しているので,ここにUPするムシさん達は私のですよ(爆)
 それと。。。プレ企画に業者は禁止とか言ってはぶかないでくださいね(笑) 

 あっ、うちの用品宣伝もしとかなきゃ!
 モニターの皆さんトコでもたくさん産んでくれるハズなんですが,一応私も!( ̄▽ ̄)

~ Prosopocoilus Dissimilis Elegans (トカラノコギリクワガタ)~
   A血統  累代CBF1  産地 鹿児島県 悪石島産


DSCF3015.jpg

DSCF3016.jpg

 欲しいって人にあげたり,無理矢理モニター箱に入れて送ったり,ヤフオク出したりと5月下旬に孵化していたのはなんとかさばきましたが,まだサッと80頭は残っていますね。
 もう割り出しめんどくさいので♀の産卵セット解除しようかと思います。

 このセット解除で,卵回収で129個,8卵溶けて,約70頭は孵化,残りは卵やってます。
 ひよえさんのブルマイに勝てませんでしたが,ウチの「ノコマット」なかなかでしょ?(笑)

 っと最後に商品を紹介して終わるセコイ私(爆)


別窓 | Prosopocoilus Dissimilis Elegans (トカラノコギリクワガタ) | コメント:22 | トラックバック:0
∧top | under∨

プレ当選♪

ティーッス!!^^

 少し間隔があいてしまいましたが,全然モチベーションは維持しております(笑)

 先日かっつさんのブログで行われましたプレ企画で見事私も当選させて頂きました♪もっちさんのアローコクワと源八さんのゲルツルードでございます♪
 そしてお二人ともおまけをしてくださってもうもう感無量です(TT)
 もっちさん、源八さん本当にありがとうございました大切に育てます!

 ちょろっと写真ものっけちゃいます♪

~ Prosopocoilus gertrudae (ゲルツルードノコギリクワガタ)~
   A血統  累代 WF1  産地 ルソン島産
♂39.0mm/4月15日羽化 ♀27.0mm/3月上旬羽化


DSCF2972.jpg

5年ぶりのゲルツ!!コイツはノコの中でも特にルックスが好きなんですよ♪

~ Dorcus titanus sakishimanus (サキシマヒラタクワガタ)~
   A血統  累代 WF1  産地  沖縄県八重山郡竹富町野岳(西表島)産
♂60.0mm/2015.05.05羽化 ♀40.5mm/2015.05.03羽化


DSCF2970.jpg

初飼育なんです!源さんがおまけとして入れてくださったのですが,採集家の氏名までわかってる拘りの個体ってなかなかないんですよね><;源さんは昔から離島物は特に拘っていましたが,ご無沙汰sしていたここ数年の間もまだまだ健在でなんだかそれだけでも嬉しくなっちゃいました(笑)期待のWF1ですから次世代のプレッシャーはなかなかですね(汗)

~ Dorcus magdaleinae (マグダレイコクワガタ)~
  A血統 累代CBF2 産地 北ベトナム ハザン産
♂親58.0mm ♀親38.0mm 2015/05/31割出


DSCF2996.jpg

 こちらは7年ぶりですね(笑)三大コクワと言われていたマグダレインです。
三大コクワはドンキの原名(赤ドンキ)以外は飼育しましたが,記事が残っているのはマグダレインだけ(笑)しかも中途半端な購入した時の記事とセット組んだ時の記事のみ(汗)
 記憶を絞り出さないと失敗しそうなので,今から復習してキッチリ次につなげたいと思います!
 
 はァ~、飼育方法にセット方法。。。夢が膨らみます( ̄▽ ̄)ニヤリ

 お二人ともありがとうございました!


別窓 | Dorcus titanus sakishimanus(サキシマヒラタクワガタ) | コメント:10 | トラックバック:0
∧top | under∨

ムニムニ♪

ティーッス!!^^

 なにやら梅雨の気配??気温が少し下がってジメジメする日が増えてきた気がしてます^^;
 これを乗り越えれば。。。ワクワク♪

 そろそろ採集でも行ってみようかしら♪

 さてさて,今日はそんな梅雨入りを感じ取ったのか,今シーズンへ間に合わせろと言わんばかりに蛹化したこちらのお嬢様!

~ Spodistes Mniszechi (ムニスゼッチコフキカブトムシ)~
  A血統 累代CBF1 産地 メキシコ(Veracruz)


DSCF2968.jpg

 ムニスの♀ですが,♂も前蛹状態だし無事にブリードできそうです。
 でも小型のカブトムシってこの数週間のズレが結構致命的だったりするので,案外安心してらんないのかもなァ><;

 とりあえずは無事に羽化してくれることを祈ります!!

 
それと毎度のことながらトカラノコギリの採卵ですが。。。現在91個の採卵完了しました!プチッとやったのもありますし,溶けちゃったものは除外しているので100個は産みましたね。

DSCF2977.jpg

 恐ろしいのがこのお母さんがフセツ1本も取れずにまだまだ元気だってこと(笑)

 ここまできたらどこまで産むのか知りたいので,怖いもの見たさ半分で最後までセットを組み通します!!

別窓 | Spodistes Mniszechi (ムニスゼッチコフキカブトムシ) | コメント:14 | トラックバック:0
∧top | under∨
| クワカブkomachi |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。