クワカブkomachi

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

自信あり!

ティーッス!!^^

ここに来てなんとなく涼しく感じられる日が増えたように思っている私。。。もう感覚がおかしくなっているのでしょうか(笑)

最近私の住む関東は雨が降ったりしていますので,比較的過ごしやすい日が続いているとは思うのですが,今度は湿度との戦いです^^;カビゲルゲも大量発生しそうですし,虫達の管理も大変です><;

 先日からカブトムシのセットを組んでいるのですが,情けないことにパチェコは失敗(TT)産む前に♀が★になってしまいました。。。こちらは現在理由を調査中ですが,もしかしたらマットの水分量が多すぎて腐敗し,ガスが発生しちゃったのかなァって。。。
表面は乾燥していたのに,なかはかなり高湿度でしたし,♀は完品のままマット内で★になっていました。
 恐らくこれは私の水分調整ミスの可能性が高く,人的ミスです。。。ショックデカイ(TT)
 こんな結果になってしまいましたが,データはきっちり残しておいてマットのさらなる発展につなげられるようにしないと><;

 そんな「ヒメカブマット」ですが,それでも実際のところ私は結構自信持ってます。(笑)
 ブリーダーには大きく分けて2パターンあると私は考えていて,「産ませる」ことで楽しんでいる人と,「育てる・大きくする」ことに主眼を置いている人に分けられると思っています。
 私自信は「産ませる」ことを楽しんでいるブリーダーだと思っています。
 
 なので「ヒメカブマット」については「産ませる」ことを主に徹底して設計したマットですので,一般的に入手できるカブトムシが「産まない」なんてことはほとんどないと思っています。それぐらい自信あったりします(笑)
 他の用品もきっちり考えて準備しているのですが,ヒメカブマットの完成度・満足度に関しては他のものより少し飛び出ている感じ。
 
 それでもまだまだ進化しているヒメカブマットはデータを少しでも多く残すため,何の種でも基本的には実験します。
 私の場合,一定期間でどのくらい産むのかきちんとチェックしたいので。セットは1週間で1度ばらします。
 
 今季はアヌビスゾウカブトが初飼育となりますので,本日まで1週間セットを組んでみました。

~ Megasoma anubis Chevrolat, (アヌビスゾウカブトムシ) ~
 A血統 累代CBF1 産地 ブラジル サンタカタリーナ
 ♂・・・81.0mm  ♀・・・61.0mm


1

2.jpg

 ひっくり返すとすぐに卵が見えましたのでボウズは免れて一安心(笑)
 ヒメカブマットは,飼育者がセットを組むときに固く詰めなくても,♀が自ら固く詰められるように粒子を調整していますので,適当に入れておいても産んでくれるのですが,今回は最初なのでベーシックにケース下5センチは固く詰め,その上にマットを甘く入れてポンポンっと叩いて終わり♪みたいなセットにしていた。
 結果的にアヌビスは固く詰めたところを好むようで,比較的ケース下の固い部分の方が多く産んでいました。
 ですけどきちんと埋め戻されていると言うか,産んだ周りをさらに♀が固めなおすような産み方をするんですね。

 んでもって順調に割り出した結果は36卵のうち2卵プチっとやっちゃいました><;
DSCF3312.jpg
DSCF3314.jpg
DSCF3313.jpg
DSCF3315.jpg

 1日5個計算ですからなかなかのハイペースです。
 アヌビスは成熟までに時間を要するタイプと聞いていたため,成熟すれば簡単に産むタイプだとは思っていましたがその通りなようです。
 っと言っても本当にそんなに産んでいるのか期間は証明しずらいので。。。是非とも皆様使ってみてください(笑)

 「この種は絶対に残したい!」って種には産卵から育成まで,強力にバックアップできるマットであることは間違いなし!!
 ヒメカブマットは特に私の思い入れが強く,みんなに使ってもらいたいのでカミさんと価格交渉中なのでした(笑)

DSCF3310.jpg

スポンサーサイト
別窓 | Megasoma anubis Chevrolat,(アヌビスゾウカブト) | コメント:7 | トラックバック:0
∧top | under∨

採れた♪

 ティーッス!!^^

 ん~。。。クワのセットの具合があまりよろしくない><;
 タランドゥス以外のクワガタで成功する気がしないのはなんででしょう(汗)
 なんとなァ~くなんですけど,全てのクワガタの♀がやる気ない気がして少し怖い(笑)

 そんな時は夏を感じるために採集行きましょう!!

 ってことで福島まで行ってきました!!

 結果的にはアカアシ多数,ミヤマ数ペア、国産オオ2♀ってな具合♪

 国産オオ2♀は街灯周りで,同じ街灯に2♀落ちてるってミラクルでした♪1♀はフセツ採れですけどまァ交尾済みである可能性が上がったってことで問題なし♪
 早速セット組んでみます♪

DSCF3304.jpg

 。。。これも産んでくれなかったらと思うとゾッとします><;
 トカラノコで全力使った気がしてなりません(笑)

 さて,そんな不安はさておき順調なのはコチラ!!

~ Spodistes grandis. (グランディスコフキカブトムシ)~
   B血統  累代WF2  産地 エクアドル・エスメラダス
  羽化日:♂39.0mm 2015/0306/ ♀31.0㎜ 2015/03/06


DSCF3303.jpg

 とりあえず1ヶ月弱で回収したのは56頭。
 グランディスはダラダラと産みますから時間がかかりますね。♀は全然元気です♪
 ヨツボシは水苔を引きずり込んで産むのですが,グランディスは表面付近でただ丸めて産むような産卵方法なので深さのあるケースじゃなくて,広さがあるケースを選ぶのがポイントです。
 そんな産卵方法なので卵の回収は簡単ですね。

 孵化次第にあわゆきさんと白三さんトコに!
 あっ。。。ムニスをご希望だったかな??。。。両方とも送れば解決!

別窓 | Dorcus hopei binodulosus (国産オオクワガタ) | コメント:14 | トラックバック:0
∧top | under∨
| クワカブkomachi |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。