FC2ブログ

クワカブkomachi

komachi特集^^

ティーッス!!^^

 御存じの方が多いようですが、今月発売のBE-KUWAはシカ特集のようです^^どんな内容となるのか楽しみですね^^v記事はAさんが書いたのかな??だとしたら興味深々♪^^
 新しく中央ベトナムで発見されたシカクワに関しても何か書かれていたりするんでしょうか^^
いずれにせよ今まで長くシカ飼育をされてきた方が記事を書くのでしょうから参考になること間違いなしでしょう^^v
 一番楽しみなのは今まで少ないながら私がシカ飼育をしている中で感じたこと(菌糸→マット飼育切り替え等)が,私よりも長く飼育されている方の考えにも当て嵌まるか、そうでないのかってトコです^^
 ギネスを獲った菌糸やマットの銘柄とかそーゆーのはどーでもいいので(笑)
それと飼育温度帯のことも気になります^^低温の方がいいのはわかっていますがどのくらいまでの低温がいいのか・初令での成長が著しく遅いシカにはいきなりの低温が良いのか、2令からの低温が良いのかなども書いてあると尚、ありがたいのですがそこまではどうなんでしょう^^;
 著者がブログなどお持ちの方でしたら是非遊びに行きたいものです^^

さて、今日のクワですね^^BE-KUWAシカ特集記念と題して今月はシカ記事を多くしてみようかな(爆)

~ Yumikoi makii n.sp (マキ(ネアン)シカクワガタ)~
  A血統 累代WF1 産地  中央ベトナム・ネアン 産


マキシカ♀
 おととい羽化したマキシカの♀です(笑)手抜き写真のため後の画像のみです(爆)
マキはあと1♂1♀が羽化待ち状態ですが、相変わらず残った1♂は蛹化の気配がありません^^;(笑)
 マキはペロッティと似てますが、孵化から蛹化までの期間がメチャクチャ早い!!
ほかの蟲友さんとも話してみてそう感じてらっしゃる方が多いので間違いないかも^^どのくらい早いかって言うと、下手すりゃペロの♀が羽化してくるころにマキの♂が蛹化します!だからと言って♂のサイズが極小って訳ではないんですよ!グッズ常連さんの話ではそれでも60後半から70mmに乗ってくる個体もあるとのこと^^それだけマキは短期間で成長するってことですね^^
 
 っとなるとペロッティは20℃前後での飼育で引っ張ることも考えられますが、マキは逆にそれよりも2,3℃高い22、3℃辺りで引っ張り過ぎないで飼育するのがコンスタントにサイズを伸ばせるのかも^^

 。。。っと、考えるだけ考えて結局実行はしないであろうkomachiでした(笑)めんどくさいもん♪どなたか試してみてください^^(核爆) またかよ!^^;

別窓 | Yumikoi makii n.sp (マキ(ネアン)シカクワガタ) | コメント:24 | トラックバック:0
∧top | under∨

ナイスタイミング♪

ティーッス!!^^

 先日までの記事を私が仕事に行っている間に妻が見てるんじゃないかと思い、帰宅するのが妙に怖かったkomachiです(笑)
 そうそう、皆さん私の車はいたって普通のファミリーカーです(笑)別に珍しくもないしバカ高いって訳でもございませんので誤解なさらないようにお願いしますね^^;
 
 今日はちょっとやらなきゃいけない事があるので早速蟲ネタ^^ 

 いきなりですが今日も特に虫弄りしておりません^^;(笑)
最近弄る蟲がいないんです^^;モセリ♀も材に潜ったままだし、ニョロ達も前蛹状態や蛹など別になんの変化してない状態だったり^^
 シカクワに飼育種を絞ってきてから欲しいって思う種も少なくなってきたので皆さんご期待の「Kウイルス症状」も治まっております^^;シカなら欲しい種はいっぱいあるのですが、なかなか成虫Prでの販売ってないんですよ^^;ディディとかカワノイとかスペキは結構あるんですけどね^^;
 先月は毎日の様にグッズに行ってたこともあり3月は少しペースを落としてのんびり溜めネタでも放出して行こうと思います^^あっ、赤ちゃんも生まれるしね♪

~ Yumikoi makii n.sp (マキ(ネアン)シカクワガタ)~
  A血統 累代WF1 産地  中央ベトナム・ネアン 産


マキPr
 取り敢えず溜めネタ一段^^vマキシカがタイミングよくPrで前蛹になってくれました^^
ボトルのサイズからわかるように、左が♂で右が♀です(笑)
 ♀が考えていたより全然先に前蛹になりそうな雰囲気をだしていたため、♂も温度を上げて様子を見てました^^思惑通りにいってくれてちょっと嬉しいです♪(爆)
 多少♂の方が前蛹になったのが遅いので若干の羽化ズレはあると思いますが、大きなズレはないでしょう^^羽化が楽しみ♪ワクワク
 因みにもう1Prは♀がそろそろお部屋を作るんじゃないかなぁ~って気がしてます^^;♂はまだまだ気配がないので今回の♂よりもサイズが期待できるかな??
 途中(初2令頃)からどの個体もVNマットのみを使用してきましたので結果が気になるところです^^

果たして納得のいくサイズはでるのでしょうか!^^こうご期待!!(笑)

別窓 | Yumikoi makii n.sp (マキ(ネアン)シカクワガタ) | コメント:28 | トラックバック:0
∧top | under∨

育ってるのかな?^^;

ティーッス!!^^

 今日は午後からジョニーさんとグッズ行ってきました^^少し話をしているところにハッセさんも到着し、結局夕方までダラダラしてきました!(笑)
 最近セットを組む虫がいなかったので、めぼしいものはないかと偵察を兼ねての訪問だったのですが、いましたいました!^^
 キヨタミィのニョロが1頭800円ってな安さ!(笑)
何を隠そうkomachiはフタマタ属のブリをしたことが無いのです^^;シカ好きなのに何故かフタマタにはあまり惹かれなくて^^;ってことで私の記事にフタマタクワガタが出たことは一度もないのです(笑)
 そんな中でも唯一「ブリードしてみたい!」って感じるフタマタがフォルスターです^^
 一番強くブリしたいと考えていた頃は、まだキヨタミィも高額でしたし「いつかは」って気持ちで頭の片隅に追いやっていました^^;
 しかし、最近はシカクワを頑張ろうと決意したため、シカについて調べたりしていると「フタマタとの近縁種」って言葉が結構多く見られます。そんな記事をみていると気になっちゃうもんなんですよねェ^^;
 今まで気にしていなかったのに、ビッダで探したりしてみるとかなり安くなってきていますし、購入するタイミングとしてはいつでもOKってカンジですよね^^


。。。でも、ここまで語っておきながら買ってませんけど!(笑)

 今の状態じゃ成虫Prは少し高いですが、ニョロならフォルフォルに手が届きますもんね^^;もう少したてば数千円でも値段下がってくるでしょうし^^これもラ〇バーさんのおかげです(爆)
それに正直どっちでもいいんですけど、赤い方が綺麗だし好きなもんで(笑)
 そんなんでフォルフォル探してみると、びちゅ~さんの出品物発見!!締切まであと1日ですんで金額次第では。。。その時は宜しくお願いしまァ~す!^^v(爆)

 さて、今日のクワカブは前回の記事も書いた溜めネタです!^^v

~ Yumikoi makii n.sp (マキ(ネアン)シカクワガタ)~
  A血統 累代WF1 産地  中央ベトナム・ネアン 産 
  ♂親 体長 ??mm ♀親 体長 ??mm
・2008/10/27 初令4頭^^v ♂2♀2 VN&MAXマット投入


マキシカ
 前回の写真と大して変ってませんが、違う種です^^;(笑)
マキシカは購入してから♂は1400cc、♀は800ccのPボトルで管理してきました^^初2令での購入でしたので、使用したマットはいつものMAXとVNのブレンドです^^
 我が家ではこのブレンドで★となったシカニョロはいないのですが、少し弱点があるんです^^;
実はブレンドしたMAXマットの劣化に伴い、VNマットの劣化が遅いって利点が完全に生かせず、乾燥して劣化しやすいんですよね^^;
 VN単独に比べると明らかにカサカサになってきます^^;それに比べるとVNマットの保湿性は他のマットよりも優れているとカンジます^^v
 体重測定の結果は♂は15gと13g、♀はともに7gでした^^vまぁ、順調に育ってるんじゃないですかね^^v
 もちろん今回からはボトルサイズの変更はしないままVNマット単独に切り替えました^^ペロッティでは1♂★になってしまったので少し不安も残りますかが、ここでビビッたら結局マットの結果もわからないですもんね^^マキも手に入りやすい値段になってきましたし、ここは敢えてチャレンジします!^^v
 
 2連チャンでシカネタを更新してしまいました!^^v。。。暫くシカは出ないでしょう(爆)

別窓 | Yumikoi makii n.sp (マキ(ネアン)シカクワガタ) | コメント:19 | トラックバック:0
∧top | under∨

ようやく公表!?^^

ティーッス!!^^

 今日も相変わらず寒い一日でしたねェ
なァ~んかこう「パッ」っとしない天気の日は気分がのらなくて嫌な気分ですよねェ
 
 今日は先日から作成しているクワカブの管理ラベルと管理表の作成を午後からおこなっていましたが結構な量に自分でもビックリ(笑)
 引っ越しの影響ではがれてしまったりしたものも多数見られたので、これを気に新しい管理ラベルを作成することを決意したのですがもうくじけそう。。。「ガムテープにマジックで書けばいっか。」って感じになってきてます(爆)

 でもここで挫けたらもう管理がメチャクチャになっちゃう気がするので頑張って今週中には全ての管理ラベル作成・張り替えを終了できるように頑張りたいと思います!^^

 んじゃ今日のクワカブネタにいきますかっ!!^^

 まずは凹みネタからぁ~↓↓
 写真はありませんが、以前PaPaさんのプレ企画でPaPaさんから譲って頂いたレギウスPrのウチ、♀が★となりましたそれと同時にみつひろうさんから送って頂いたモセリ♂もやはり★に。。。↓↓
 チビタラ同盟会員のクセにレギウスは絶えてしまい、タラは現在まささん血統の♂2が羽化待ちの状態です。まさに壊滅状態唯一会員らしいことは。。。この♂タラがメッサ小さいくらい(笑)
 タラレギはもう成功する気がしないので、タラ♂が成熟するまではお休みしようかと思っています^^;モセリについては今回もみつ師匠から助け船を出して頂ける予定ですので、到着次第に同居開始させようと思っています^^
 いずれにせよPaPaさん、みつ師匠ゴメンナサイ

 続いて今日まで引っ張るに引っ張ってきた増種個体をご紹介するつもりです^^v
っとは言ってももう皆さん薄々は感づかれていらっしゃる方もいるでしょうし、「反則」した人もいるのでインパクトが薄いかもなぁ。。。(笑)

 今回増種したのは。。。










~ Yumikoi makii n.sp (マキ(ネアン)シカクワガタ)~
  A血統 累代WF1 産地  中央ベトナム・ネアン 産 
  ♂親 体長 ??mm ♀親 体長 ??mm
・2008/10/27 初令4頭^^v ♂2♀2 VN&MAXマット投入

マキシカ

 


ビックリした?(笑)購入したのはニョロなので画像はあくまで参考程度に(爆)

 マキ(1)    VN&MAX    マキ2Pr
 「ペロッティにセアカのボディを取り付けたようなァ・・・」ってのがドルクスグッズさんでの謳い文句のネアンシカクワガタことマキシカクワガタです^^ペロッティが「幻のクワガタ」ってことはマキはどんなんでしょ(笑)
 今回ももちろんドルクスグッズさんで購入しました^^v(ビッダだと安くなってきてますねェ
 既に2令まで加令していましたので♂2♀2の2Prから頑張っていきたいと思います^^v
飼育方法としてはペロッティと大差ありませんので、我が家では今年はカワラを使用せずにVNマットでの飼育となります^^
 またビビッたkomachiはもちろんMAXマットとのブレンドを使用^^;(笑)ペロッティ同様に次のマット交換からVNマット単独で使用するもりです!
 こちらも高価な種ですのでペロッティ同様に無事羽化狙いが今年の目標でしょう^^
♂2は1400ccボトル、♀2は800ccボトルに投入しておき、温度も蟲部屋の涼しい場所をチョイスして飼育していきます^^

 次回会う時は無事に3令に育った2Prを見ることができるといいんですが
完全にシカに嵌ってきましたヤバイヤバイ

 もっとヤバイのはもうネタがないってことだったり。。。(笑)
別窓 | Yumikoi makii n.sp (マキ(ネアン)シカクワガタ) | コメント:22 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | クワカブkomachi |